与太話

twitter : https://twitter.com/yota_kk sound cloud : https://soundcloud.com/yota_kk

短歌


もう12月 両手に吐く息白く
子供が音立て踏む霜柱

 

寝て起きて寝て起きて寝て起きて寝て

起きて寝て起きて寝てまた起きる

 

雲ひとつ無い青空を見上げても
いつも心は土砂降りの雨

 

人それぞれの休日の過ごし方
休み方にも十人十色

 

ひとりきりAMラジオを聴いている
ひとりぼっちじゃない気になれる

 

両の手で持ったカップのあたたかさ
唇に触れるミルクのあつさ

 

したいこと やりたくないこと すべきこと
クシャクシャにして ゴミ箱に捨てた

 

ひとしきり夏を騒いだ蝉たちも
消えてくときは音も立てずに

 

誰ですか あなたはどこの 誰ですか
鏡の自分が問いかけてくる

 

いい加減 新しい靴を買わないと
靴下にまで 氷雨が沁みる

 

傘をさすほどの雨ではないけれど
顔を隠して歩きたいから

 

生きて死ぬ ただそれだけの 単純な
作業もろくに できぬ不良品

 

‪木々はなぜ寒い季節に裸になるの ‬
‪最後の一枚葉っぱが落ちた ‬

 

砂が落ちるまでのこの3分間は
制限付きの確かな自由

 

お月さま 今日はまんまるお月さま

夜空にぽっかり光の穴が