与太話

twitter : https://twitter.com/yota_kk sound cloud : https://soundcloud.com/yota_kk

短歌

もう12月 両手に吐く息白く子供が音立て踏む霜柱 寝て起きて寝て起きて寝て起きて寝て 起きて寝て起きて寝てまた起きる 雲ひとつ無い青空を見上げてもいつも心は土砂降りの雨 人それぞれの休日の過ごし方休み方にも十人十色 ひとりきりAMラジオを聴いている…

『人間と動物』

www.youtube.com 生き方を忘れた 一人の人間犬畜生に憧れて言葉の無いコミュニケーションがしたい ああ 壊したいんだこの身体 生き方を見つけた 一匹の動物食べて寝るだけ ただ生きるだけ暇もない 時間もない 死にもしないああ やっと来れたぜユートピア あ…

意識せずとも生きている

鼓動、まばたき、呼吸、 髪が伸びる、爪が伸びる、 細胞が生まれる、細胞が死ぬ、 意識せずとも生きている、 意識せずとも生きている

今朝の夢

灰野敬二の家に行った。 灰野敬二と中島らもが居た。 灰野敬二と中島らもと一緒に中島らもの『いいんだぜ』を歌った。 チューニングの狂ったガットギターを弾きながら。

春はまだか

春はまだか 太陽は遠い 空は白い 草木は眠ったまま 雪はまだ溶けない 街路樹は裸 冷えきったビル街 体温のない人の波 肌を刺す灰色の風 震えが止まらない ああ 寒い 春はまだか

あと何回

あと何回、爪を切るのだろう あと何回、髪を切るのだろう あと何回、食事をするのだろう あと何回、牛乳パックを空けるのだろう あと何回、煙草を吸うのだろう あと何回、呼吸をするのだろう あと何回、眠りについて あと何回、目を覚ますのだろう

常識、非常識

昨日はバーでお酒を飲んだ。 酒は常識のタガを外してくれる。 酒に酔うような、麻薬に酔うような、 夢を見ているような、そんな音楽を作りたい。 非常識の肯定。常識からの解放。 人は産まれたときは感情のカタマリだ。 育っていく過程で社会と触れ合い、 言…

世界の解釈

本を読まなければならない。 詩を読まなければならない。 映画を観なければならない。 人と話さなければならない。 言葉が足りない。言葉が欲しい。 自分を表すための言葉が。 自分を理解するための言葉が。 世界を表すための言葉が。 世界を理解するための…

体液

体液が滲む血液 精液 涎 涙体液が漏れる血液 精液 涎 涙 体液が滲む血液 精液 涎 涙体液が漏れるまだ生きている

鮮度

眠れない夜、文章を書く。 思いつくままに、雑然とした文章を書く。 内容は次の日になればもう覚えてない。 感情はナマモノである。鮮度が失われないうちに作品に閉じ込めなければいけない。 記憶の鮮度。時間が経つにつれて記憶の鮮度は落ちていく。記憶が…

さむざむ

寒いのは苦手。 暖かい方がいい。 肌と肌が触れ合った時の温もり。 心と心は触れ合えないまま。 心は寒々としたまま暖かくはなってくれない。 触れ合いたい。心と心で。 融けあいたい。身体も心も。 誰かと一緒にいてもいつも孤独を感じている。 互いに笑い…

尊い

何も考えないこと。 それはとでも尊いことである。 故に動物は尊い。植物は尊い。 人間だけがあれやこれやと考えを巡らせて余計なことにあれやこれやと手を出し続ける。 人間にあるのは知性ではない。好奇心である。 知性があるのならば、文明・科学の進歩を…

忘我と自由

文章を書くということに生理的な快感を抱いている。文章の内容がめちゃくちゃだろうと何でもいい。とにかく吐き出したい。なんでもいいから吐き出したい。文章を読み返して推敲なんかしない。ただ思いつくままに書き散らすだけ。書く作業が目的である。その…

言葉

お互いに手を繋いでいる。 けれどお互いに手袋を嵌めたまま。 通じ合わない。触れ合わない。 通じ合ったふり。触れ合ったふり。 それで満足している人ばっか。 素肌と素肌で触れ合いたい。 心と心で触れ合いたい。 言葉がもたらす境界線を無くしたい。 融け…

真夜中

真夜中は静かでいい。 心を乱すものが少ない。 心の中の声がよく聴こえる。 自問自答、繰り返す。 真夜中は暗くていい。 暗闇が身体を包み込む。 微かな明かりに目を凝らす。 それは希望か? 真夜中は寒くていい。 布団の暖かさが身体に沁み入る。 僕を包み…

忘我

我を忘れる。その時だけが自由になれる。 苦しみから目をそらすことができる。 どうすれば我を忘れて何かに没頭できるのか。 僕の場合は、音楽を作っている時と、時々絵を描いている時。 我という存在から離れて、時間の感覚から離れて、「この身体」のみが…

星を見たい

星を見たい。 広い原っぱで。 河原の土手で。 星を見たい。 宇宙を想像できるから。 自分の小ささを知れるから。 何百年か昔の光がいまここに届いて、 いま発された光は何百年か後になってここに届く。 自分の命の短さよ。 命は誰にとっても短いものだろう。…

誰か

誰か僕を見つけてください。 誰か僕を知ってください。 誰か僕を解ってください。

時間

明日が今日に、今日が昨日に。目には見えないけど常に変わらずにはいられない。変化。時間の経過。人は時間を知覚することはできないのではないか。ただ物質的な変化に気がつくことができるだけなのではないか。時計の針の位置が変化したことしかわからない…

曲作り

砂山で棒倒しをするように。

怒りについて

怒りは叶わなかった理想に対する執着である。 期待が裏切られたとき、思い描いていた理想と実際に起きた現実とのあいだにギャップが生まれたとき、そこにフラストレーションが生じる。このフラストレーションが怒りの種である。 このとき、現実をあるがまま…

視点

哲学者の両の目は、それぞれ顕微鏡と望遠鏡とでできている。 主観の視点と客観の視点。 幸福は主観の視点、真実は客観の視点でしか見ることができない。 物質的・時間的な客観。そこではすべての事象が無意味・無意義・無価値となる。 逆に、主観の視点で物…

不思議

歯磨きをする。歯ブラシを口に咥える。 視界の真ん中にこの身体のこの口から伸び出る歯ブラシが映る。 これだけのことが不思議でたまらなくなる時がある。 見えるとはどういうことか。 在るとはどういうことか。 この視界に映るこの手は一体なんなのか。 こ…

『透明な街』

www.youtube.com 引き潮のような風の中すれ違う人の話し声 この街の誰も僕を知らないこの街の誰も僕は知らない 街の雑踏に響く静寂僕はそっと目を閉じて 開いた 冷たい優しさに心は揺れて優しい冷たさに心が溶ける 鍵を掛けた心の中で 一人扉を開けてくれる…

『浮浪者』

www.youtube.com 夜中は さまよいたくなる なんとなく 安らげる 場所がない落ち着ける 場所がない 一人で生きていくのさ 多分 昼でも ふらつきたくなる あてもなく なんかここに 居たくない 根をおろす 場所がない 一人で死んでいくのさ 多分

『変態』

www.youtube.com 生まれたままの姿では大人になれないらしい いまは蛹の姿 いずれ羽を広げて 飛べる日がくる くるはず 逃げ出す為の言い訳も 向き合う為の言い訳も いくら並べ立てても いずれその日が来れば 捨てることになる なるはず もう脚は退化した ろ…

『魔法は解けた』

www.youtube.com 12時過ぎて魔法は解けた本当の姿を見せないで 12時過ぎて辺りは真っ暗よく目を凝らして 微かな明かりを 魔法をかけて もう一度輝やく世界を もう一度 知らないほうが良かったことはこんなにたくさん まだまだ増える 追いかけすぎて魔法は解…

短歌

Twitterで呟いた短歌をまとめました。 お気に入りの靴の左右を履き違え なんとなく脚をクロスしてみる 人生にスリープモードがあればいいただの睡眠とはまた別に 箱庭の湯船に浸かり、ひと呼吸、伸びる波紋は世界の果てまで 「じゃあまたね」あの日交わした…

『生活』

www.youtube.com 生活はいつまで続く目を覚ましたら ただここに有った望んでも 拒んでもないけど 悲しみはいつまで続く雨は必ず止むと言う晴れの日も 続くわけじゃないだろう 初めて呼吸をした時に暗闇と光を背負わされ最後の呼吸を終える時僕は本当の自由を…

無題

抑鬱症状の大きい波がぶり返してきてる。自己無価値感がすごくある。 幸福=超主観=盲目的な生き方をしたい自分と、不幸を背負い続けながらでも哲学をしながら超客観で真理・本質を知りたいという生き方をしたい自分とで葛藤がある。乖離している。 仮に本当…

『すごい速さで』

www.youtube.com すごい速さで死んでいこう笑いながら 踊りながら 輝きながらすごい速さで燃え尽きよう光っているよ 君も僕も みんな所詮この命 意味など無い裸のままで踊り明かせ所詮この命 価値など無い笑顔のままで血を流せ 大雨の中 死んでいこう突風の…

NUMBER GIRL『MANGA SICK』

www.youtube.com ナンバーガールの『MANGA SICK』という曲。 彼女が一番スキなのは 漫画の雰囲気だけだった まだ異性と付き合うという経験をしたことがなかった頃、思い描く恋愛の形はおそらく小説や映画や漫画の中で描かれる恋愛模様だったと思う。 そこに…

倉橋ヨエコ『今日も雨』

www.youtube.com 倉橋ヨエコを好きになったきっかけの曲。 倉橋ヨエコについては以前から名前と「暗い歌を多く歌っている」というようなことだけを聞いたことがあっただけで、楽曲自体は聴いたことがなかった。 何がきっかけでこの曲にありついたかは覚えて…

『汚れた』

soundcloud.com 汚れた目 見つめすぎた路地裏くすんだ目 見慣れすぎた掃き溜め もう見たくない これ以上 夜の街きみは見てくれない 真夜中の姿 世界が汚れて見えるのは この目が汚れてるからか世界が汚れて見えるのはこの目が汚れてるからか 汚れた手 触りす…

『部屋にひとり』

soundcloud.com なんの約束もしないのにあいつが俺の部屋に来たいつだってそう 土足で部屋に上がり込み重たく俺に絡みつくいつだってそう 頭ん中を散らかして脳みそ溶かして悩ませる夜中はとくに騒がしい朝まで寝かせてくれないいつだってそう 耳元で いつだ…

『埋めないと』

soundcloud.com 心にぽっかり空いた穴 埋めないと いつから空いていたの 最初からか? 心の真ん中 空いた穴 埋めないと このまま空いたままなら 虚しいな 公園の砂を入れてみる 水道の水を入れてみる 薔薇の花びらを入れてみる 綺麗な宝石 入れてみる だけど…

『クリーンクリーン』

soundcloud.com 真っ白なシャツを汚してしまった 放っておいて 乾くのを待って 染みだけ残って 消えなくなって もう着たくないから捨ててしまおう クリーン クリーン クリーン いつでも僕らは綺麗なままでいたい 汚れたシャツなら捨ててしまおう 真っ暗な部…

『繰り返す』

www.youtube.com 朝が来たなら 眠ろうよ ねえ カーテン閉めて 布団潜って 外は太陽 輝いて 目が眩んで 何も見えやしないさ 夜が来たなら 出かけようよ ほら 灯りの無い道 目を凝らして ひっそり眠った街歩いて ゴミ箱漁って 宝探しさ 夜と朝は 何度でも繰り…

『鳴りやまない』

soundcloud.com 夜になって 目の前に咲いていた赤いバラ 生ぬるく 乱れた匂い 二人のダンス 眺めてる俺を見ている俺を 俺が見る そろそろ飽きてきた いい加減マスクを外したい テレビのニュースキャスターが どっかの事件を伝える いつだか聴いたギターのリ…